• ホーム
  • 緊急避妊ピルを使って確実に避妊しよう

緊急避妊ピルを使って確実に避妊しよう

2019年10月28日

望まない妊娠をしてしまう程不幸なものはありません。
望まない妊娠をしてしまった場合、中絶手術を受けなければいけなくなる場合もあります。
中絶手術というのは女性の身体に大きな影響を与えてしまうものですので、なるべくなら避けるべき手術です。
なので妊娠を望んでいない間はとにかく確実に避妊をしてセックスをする必要があるのです。
もちろん一番良いのは妊娠を望むようになるまではセックスをしないことなのですが、なかなか現代の若者というのはそのようなプラトニックな付き合いは出来ないものです。
だからこそ確実な避妊をする必要があります。

そして最も確実な避妊方法として最近緊急避妊ピルが注目されています。
これは万が一コンドーム等の装着方法に問題があって膣内に射精をしてしまった場合でも、事後的に服用すれば妊娠してしまうことを防ぐ効果のある薬のことです。
緊急避妊ピルは通常病院やレディースクリニック等で処方してもらえる他通信販売でも手に入れることが出来ますので、避妊に失敗してしまった場合でもとにかく焦ることなく、緊急避妊ピルを入手して服用することが大切です。

しかしいくら焦る必要はないと言っても、ある程度迅速に入手する必要はあります。
何故なら緊急避妊ピルは避妊に失敗したと思われるセックスをしてから72時間以内に服用しなければ、避妊としての効果を期待することが出来なくなってしまうからです。
そして入手した後はとにかく何よりもまず緊急避妊ピルを飲むことを最優先させましょう。
他の用事については、とにかくピルを飲んでから行っていけば良いのです。
それ位セックス後72時間以内というのは厳格に守る必要があるということなのです。
緊急避妊ピルを使って楽しい性生活を送りましょう。

関連記事
妊娠検査薬に陽性反応が出ないよう緊急避妊ピルを使用

緊急避妊ピルを服用することで、望んでいなかった妊娠を避けることが出来ます。緊急避妊ピルには妊娠を食い止める働きがあるのです。もしもカップルがセックスをした後にコンドームが破れていた等の事実を発見して避妊に失敗したかもしれないと感じた場合、すぐに緊急避妊ピルを服用して妊娠を食い止めるべきであると言われ

2019年11月25日
生理が来ないからといって妊娠とは限らないです

生理がこない原因としてまず第一に挙げられるのが妊娠をした可能性で、以後たしかに出産の数か月後に至るまで生理が停止しますが、これは原因のひとつであって、必ず妊娠したとまではいえません。生理がこない原因には、他にも仕事や生活上のストレスや体調不良による生理不順があり、このような状態になってしまうと、通常

2019年09月28日
妊娠しやすい時期は、排卵日2日前です

なかなか妊娠できずに悩んでいる女性に対しては、人工授精などのさまざまな方法による不妊治療が行われますが、そうした先進的な方法によらなくても、自然に妊娠が成立するのをサポートする方法として、タイミング法と呼ばれるものが知られています。これは、毎日の基礎体温を計測して排卵の時期を正確に割り出すことによっ

2019年09月24日
緊急避妊後の排卵は不安定

一般的な避妊ピルは、自然な生理周期にもとづいて、生理が起きたはじめの日から毎日飲み続けることによって避妊の効果を発揮するものであり、副次的な効果として、生理不順や血型困難症の改善にも役立つものとなっています。ところが、緊急避妊ピルの場合には、生理周期とは関係なく、妊娠が懸念されるような性行為をしてか

2019年09月22日
緊急避妊ピルによる出血

緊急避妊ピルは、避妊に失敗したなどの理由で緊急の必要がある場合に、妊娠してしまうのを阻止するための錠剤です。女性の妊娠までの過程をごく簡単に説明すると、生理周期ごとに卵巣から1個の卵子が排卵され、これが男性と出会って受精すると、卵管を通って子宮までたどりつき、受精卵のベッドともいえる厚い子宮内膜に着

2019年09月20日